日本のイケメンは相次ぎ結婚…「K-POP転向女子」が激増中

公開日: 更新日:

 芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「男性タレントを車でたとえるなら韓国はスーパーカー、日本はファミリーカー。韓国のトップアーティストを輩出しているSMエンタテインメントの採用基準の優先度は、1に身長、2にルックス、3にダンスと歌唱力。しかも、暗黙の了解で40歳まで結婚はなく、完璧なイケメンを育成する土壌が揃っている。対して、ジャニーズ事務所は、1に運動神経、2に大衆的な顔、3に歌唱力。今はテレビ露出からCM広告の収入を狙っていて、テレビ基準の“親しみやすさ”を重視した結果、イケメンが消滅しつつあるのです。女性ファンのK―POP転向は当然の流れといえます」

 イケメンは韓国からの輸入に頼るしかなくなるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  3. 3

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る