小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

的確なコメントも…ホラン千秋の鼻にかかった言い方はNG

公開日:

 スポーツや生活情報などのやわらかネタを伝える時のホランは生き生きとしている。今月28日に30歳になる。アイルランド人の父と日本人の母の間に生まれ、5歳でキッズモデルになり、14歳で芸能界デビュー、局アナの井上貴博とともに「Nスタ」のMCに抜擢されたのは17年4月。かなりの人見知りらしいが、そんなふうには見えない。

 同日、台風21号関連では気象予報士の森田正光の「(今回の台風は)局地性がある」という解説に「(風雨が)収まったからといって海岸に近づくのはやめたほうがいいですね」と的確に返した。気象情報での森田とのやりとりは非常にわかりやすい。

 難をいえば、時々鼻にかかったような言い方をすること。相手や視聴者にこびている印象を与えかねない。やめた方がいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る