小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

テレビでは生かせない? 大谷昭宏氏の歯切れのいい語り口

公開日:

診断結果は…【可】

 “黒田軍団”と呼ばれ毎年8月初旬に「戦争展」を開いていた読売新聞大阪本社社会部長・黒田清と同部員を取材したのが83年夏だから、大谷昭宏と初めて会ってから35年。徳島支局を経て大阪社会部員になった当時は朝刊社会面のコラム「窓」を担当、読者から寄せられる電話・手紙と毎日向き合っていた。87年黒田とともに退社、コメンテーターとしてテレビ出演するようになり、現在TBS系「ひるおび!」の火曜とテレビ朝日系「スーパーJチャンネル」の月~水曜のレギュラーだ。

 先月末「ひるおび!」で100回の記念大会の甲子園が話題になり、池田高校出身・水野雄仁や大府高校出身・槙原寛己とトークを展開し、水野を「小さな大投手というイメージ」と評し、槙原のことは「中京とか東邦などの(強豪が揃う)中で大府が出てきたのがすごい」とコメント。早大の後輩で“ハンカチ王子”と呼ばれた斎藤佑樹については「大学に入った時も大フィーバーでしたから」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る