小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

ウエンツ瑛士 日テレ「スッキリ」での役割は“素人目線”

公開日:

診断結果は…【可】

 24日、日本テレビ系「スッキリ」の「WEニュース」に登場した11歳のウクレレ奏者には驚いた。近藤利樹君といい、「コーヒー・ルンバ」「ソーラン節」などを体全体でリズムをとりながら楽しそうに演奏。動画にアップした映像が話題になり、ベネズエラの国民的歌手と共演し、14歳の天才ウクレレ少女が絶賛する騒ぎに。コーナー司会を務めるウエンツ瑛士もノリノリで「来年は小学校卒業記念ライブもやるそうです」とリズミカルに進めていった。

 ウエンツは4歳からタレント活動を始め、9歳で劇団四季の「美女と野獣」でデビュー、歌手でもあるウエンツにとって近藤君は共感できる部分があるのだろう。現在32歳、Eテレ「天才てれびくん」が話題になり、小池徹平とのデュオWaTで紅白に出場。フジテレビ系「ワイドナショー」にも不定期出演中。

 音楽以外の話題もチェックすると、17日の「スッキリ」で取りあげた熱中症と夏血栓では――。夏血栓はめまいや倦怠感、頭痛などの初期症状が熱中症と似ていて若い人を含め、誰でも発症する危険性があるという。専門家の解説を受け、ウエンツが経験談を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る