ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

M-1舌禍事件の“主犯”とろ久保田は泥水をすすり続けていた

公開日:  更新日:

 2年前の「M―1グランプリ」で優勝したのは、芸歴15年(当時)の苦労人である「とろサーモン」だった。優勝後には仕事も急増し、何もかも順調であるように見えた。

 そんな矢先に新たなトラブルが発生してしまった。昨年末の「M―1」終了後に、出場者のひとりだったスーパーマラドーナの武智が、自身のインスタグラムで芸人仲間との飲み会の模様を生配信した。そこで武智ととろサーモンの久保田かずのぶが「M―1」の審査員である上沼恵美子を厳しく批判したのである。

 これがネットニュースなどでも取り上げられて大問題になり、2人はツイッター上で謝罪文を発表。「M―1」関連のニュースはこの話題一色に染まっていた。

 優勝を逃した武智も、前大会で優勝した久保田も、漫才師として並々ならぬ熱い気持ちで「M―1」に挑んでいたのは確かだ。その思い入れの強さのあまり、暴言が飛び出してしまったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る