暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

公開日:

 関西の女帝こと上沼恵美子(63)に対するバッシング騒動を起こし、2人の芸人がお笑い界追放の危機にさらされている。「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と、「スーパーマラドーナ」の武智(40)。

 酒の力を借りて〈更年期障害〉や〈オバハン〉〈クソが〉などと女性蔑視ともとれる発言を繰り返したのは自業自得以外のなにものでもないが、最大のタブーともいえる「他事務所の大御所」をイジったもんだから始末が悪い。

 2006年、「極楽とんぼ」山本圭壱(50)の未成年少女に対する淫行騒動もまさにそれ。山本は、萩本欽一(77)が所有する野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の選手として遠征中に不祥事を引き起こした。

「この行為は吉本所属の山本が大御所の顔に泥を塗るだけでなく、欽ちゃんが所属する浅井企画にも多大な迷惑をかけた。最も犯してはいけない業界のタブーをやらかし、同情の余地はなかった」(芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る