お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

公開日: 更新日:

 漫才レースの最高峰である「M―1グランプリ2018」(テレビ朝日系)が2日の放送終了後、すこぶる後味の悪いことになっている。発端は、昨年の覇者である「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)の発言。審査員のひとりである上沼恵美子(63)に対し、「酔ってるのを理由にして言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「おまえだよ、一番おまえだよ。わかんだろ、右側の!」などとカメラ目線で恐れ知らずの猛批判を繰り広げたのだ。相手は他でもない、関西テレビ界の女帝である。

 一連の流れは、今大会に出場し7位に入った「スーパーマラドーナ」武智(40)が配信したインスタライブでの発言で、ほどなく動画は削除。久保田は自身のツイッターで「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」(4日付)と平謝りしたが、後の祭りである。ちなみに上沼は、久保田が謝罪した前日(3日)にラジオのレギュラー番組で、過去6回務めた審査員の引退宣言をしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る