M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のカンニング竹山(47)がワイドショー報道に一石を投じて話題だ。

 今月2日の漫才コンテスト「M―1グランプリ」開催後、「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めた上沼恵美子(63)に動画で暴言を吐いた騒動で、10日にコメンテーターとして生出演したTBS系「ビビット」も特集。こんな持論をぶったのだ。

「上沼さんも松本さんもご自分の意見を発言し、昨日で終わりなのに、また火に油を注ぐようなことをやっている。テレビという大きなメディアなのに、インターネットと同じことをして、どうするの」――。

 すでに久保田と武智が上沼への謝罪を表明した他、コンテスト審査員の松本人志(55)は「上沼さんがどれだけの人か分かっていない。勉強不足」と別番組でコメント。上沼は武智から「うんざり」と批判された審査について「私はえこひいきをしません。本当に真剣に審査をさせていただいている」と反論し、ふたりについては「悪いですけど興味ないです」と切り捨てた。吉本は会社として上沼側に謝罪したという。それが明らかになった上で、またテレビで特集することに対して、竹山は「インターネットと何も変わらない。非常にダサい」と訴えたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  6. 6

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  7. 7

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  8. 8

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  9. 9

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る