M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

公開日:  更新日:

 お笑い芸人のカンニング竹山(47)がワイドショー報道に一石を投じて話題だ。

 今月2日の漫才コンテスト「M―1グランプリ」開催後、「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めた上沼恵美子(63)に動画で暴言を吐いた騒動で、10日にコメンテーターとして生出演したTBS系「ビビット」も特集。こんな持論をぶったのだ。

「上沼さんも松本さんもご自分の意見を発言し、昨日で終わりなのに、また火に油を注ぐようなことをやっている。テレビという大きなメディアなのに、インターネットと同じことをして、どうするの」――。

 すでに久保田と武智が上沼への謝罪を表明した他、コンテスト審査員の松本人志(55)は「上沼さんがどれだけの人か分かっていない。勉強不足」と別番組でコメント。上沼は武智から「うんざり」と批判された審査について「私はえこひいきをしません。本当に真剣に審査をさせていただいている」と反論し、ふたりについては「悪いですけど興味ないです」と切り捨てた。吉本は会社として上沼側に謝罪したという。それが明らかになった上で、またテレビで特集することに対して、竹山は「インターネットと何も変わらない。非常にダサい」と訴えたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る