とろ久保田は生き残りへ 松本人志が叱咤激励で異例“救済”

公開日: 更新日:

 いわゆる「M―1上沼騒動」は今もなおくすぶり続けている。発売中の「週刊新潮」では7年前に芸能界を引退した島田紳助(62)が登場し、自分には審査員として上沼恵美子(63)を招聘した責任があるとかなんとか。関西の女帝に対し、「オバハン」や「更年期障害」などと恐れ知らずの暴言を吐いた「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)の両名については〈顔もわからへんわ〉と一蹴。〈かわいがってた後輩やったら、上沼さんのところに行って「すいません」と謝って〉などと無念そうに語っている。

 そんな紳助の胸中はさておき、ダウンタウンの松本人志(55)が、後輩のため、吉本興業のため、そして番組存続のため、ひと肌脱いだという。先週15日、来年元日に放送されるお笑い特番「ドリーム東西ネタ合戦2019」(TBS系)の収録が行われた際、「本番前に松本は出演者であるとろサーモンの2人を楽屋に呼び出し、“俺はおまえたちの味方でもあるからな”などと叱咤激励した。自ら間に入って、泥沼化した事態を収束しようと懸命に動いている」(事情通)というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る