「メゾン・ド・ポリス」好発進 高畑充希の“抑え気味”が吉

公開日: 更新日:

 11日放送の第1回は平均視聴率12.7%と好発進。TBS系の連ドラ「メゾン・ド・ポリス~退職刑事のシェアハウス~」(金曜夜10時)の主演・高畑充希(27)は「抑えた演技の方がいい」(在京キー局スタッフ)と、もっぱらだ。

 原作は加藤実秋の同名小説で、高畑演じる所轄の新米刑事が、共同生活を送る警察OBのクセ者オヤジ5人と一緒に事件を解決していくという、1話完結の刑事ドラマ。共演は近藤正臣(76)、角野卓造(70)、小日向文世(64)、野口五郎(62)という、いずれも芸達者なベテラン勢と、西島秀俊(47)だ。

■「役にハマっている」

「高畑は2007~12年にミュージカルでピーターパン役をやっただけあって、滑舌もいいし、声がよく通る。一方で、ハイトーンで大きすぎる声が苦手という視聴者も少なからずいました。高畑がかつて大手携帯キャリアーのCMで、X JAPANの『紅』を熱唱した時も、一部で〈うるさい〉という批判的な声が上がったのも事実です。ところが今回のドラマでは、声のトーンも演技も抑え気味で、ちょうどいい感じで“ひよっこ刑事”役にハマっている。かなり聞きやすくなりましたね」(前出の在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る