碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「メゾン・ド・ポリス」高畑充希は“硬と軟”の配分が絶妙

公開日: 更新日:

 昨年話題となった「おっさんずラブ」。高畑充希主演「メゾン・ド・ポリス」も、その影響を受けた一本だ。刑事モノだが、主人公の牧野ひより(高畑)を囲む退職刑事たちの活躍こそがこのドラマのミソである。

 シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」のオーナーで元警察官僚の伊達(近藤正臣)。ひよりと同じ柳町北署にいた迫田(角野卓造)。現役時代は現場経験がなかった高平(小日向文世)。科捜研所属だった藤堂(野口五郎)。そして、元捜査1課の夏目(西島秀俊)。この5人がひよりを助けて事件を解決していくのだ。

 第1話では人が焼死する動画がアップされる。それは5年前の事件の模倣かと思われた。当時、犯人を逮捕したのが夏目で、その犯人は今も罪を認めていない。ひよりは誤認逮捕を疑い、真犯人の存在を主張するが、自身も窮地に陥ってしまう。


 まず、5人のおっさんの存在感が強烈だ。いずれも濃厚なキャラクター。静かに余生を過ごすタイプではない。ひよりを名目上のリーダーに担ぎ上げ、喜々として捜査に飛び込んでいく。

 そして何より、ひよりを演じる高畑がうまい。加藤実秋の原作小説の味を生かした、黒岩勉の脚本の力も大きいが、演技のシリアスとコメディーの配分が絶妙なのだ。

 おっさんたちのむちゃぶりに困惑しながらも、彼らを活用していくヒロインがピタリとはまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  6. 6

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  7. 7

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る