尽きぬ破天荒エピソード…それでもショーケンが愛された訳

公開日: 更新日:

■映画の撮影中に「ヘタクソ」とヤジ
 
 このほど68歳で亡くなった俳優で歌手のショーケンこと萩原健一さんの破天荒エピソードがすごいと話題だ。ビートたけしの映画の撮影中には、現場にいきなりやって来て「何かやろうか」と服を脱ぎだし、「衣装持ってこい。出てやる」と言い放ったこともあったとか。たけしは「帰ってくれって言ったけど、表現する場所に入るとテンションが変わった」などと、テレビで語っていた。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

佐藤浩市さん主演の映画の撮影が東大泉の東映東京撮影所であり、いざ本番でカメラが回ったときに『親父に似てヘタクソだなあ』と大声でヤジが飛んで、俳優、スタッフ、関係者とも騒然としたことがあるそうです。この声の主が萩原さん。親父とは三国連太郎さんのことでしょうけど、一体なぜ、そんなことを言って邪魔したのか誰も見当がつかない。佐藤さんが周りに落ち着くよう呼び掛けて、撮影再開となったそうですが、そういうエピソードがいくつもあるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る