芸能活動51年目にして…萩原健一「作家デビュー」のウラ側

公開日:

 ショーケンこと萩原健一(67)がライター転身の思いを語って話題だ。最新主演ドラマ「明日への誓い」がテレビ朝日系で25日に放送されることが発表された際、萩原が原案も手掛けたことも明らかにされたのだ。芸能活動51年目の挑戦と報じられている。

 俳優としてはドラマ「傷だらけの天使」に「前略おふくろ様」、「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役など、あまたのヒット作で知られ、ソロの歌手としても「愚か者よ」などがある萩原だが、スポーツ紙などによると、脚本やドラマなどの構想をいくつも書きためているそうで、モノを書くことへの情熱をこうコメントした。

「やり残していることがいっぱいあるからですね。書きためたものを世に出してあげたいという思いがあるんですよね」

 堺正章らのザ・スパイダースの弟分との売り文句で、ザ・テンプターズのボーカリストとして萩原がデビューしたのが1967年、16歳のことだった。「神様お願い!」などのヒット曲を連発後、沢田研二らとバンドPYG(ピッグ)を結成。ロックフェスなどに出演しニューロックと呼ばれたが、萩原はこの頃から、音楽よりも映像、さらに作家の道を志していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る