芸能活動51年目にして…萩原健一「作家デビュー」のウラ側

公開日: 更新日:

 ショーケンこと萩原健一(67)がライター転身の思いを語って話題だ。最新主演ドラマ「明日への誓い」がテレビ朝日系で25日に放送されることが発表された際、萩原が原案も手掛けたことも明らかにされたのだ。芸能活動51年目の挑戦と報じられている。

 俳優としてはドラマ「傷だらけの天使」に「前略おふくろ様」、「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役など、あまたのヒット作で知られ、ソロの歌手としても「愚か者よ」などがある萩原だが、スポーツ紙などによると、脚本やドラマなどの構想をいくつも書きためているそうで、モノを書くことへの情熱をこうコメントした。

「やり残していることがいっぱいあるからですね。書きためたものを世に出してあげたいという思いがあるんですよね」

 堺正章らのザ・スパイダースの弟分との売り文句で、ザ・テンプターズのボーカリストとして萩原がデビューしたのが1967年、16歳のことだった。「神様お願い!」などのヒット曲を連発後、沢田研二らとバンドPYG(ピッグ)を結成。ロックフェスなどに出演しニューロックと呼ばれたが、萩原はこの頃から、音楽よりも映像、さらに作家の道を志していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪観戦帰りに“密”発生確実 これが有観客で激ヤバの8会場

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  4. 4

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  5. 5

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  6. 6

    キムタク新CMに海外ドラマも…やっぱり“ラスボス”の存在感

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    大政絢「飯テロドラマ」でコロナ後“ひとり飲み女子”急増?

  9. 9

    菅首相“恐怖人事”で延命足場固め「官邸のアイヒマン」粛清

  10. 10

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

もっと見る