萩原健一さんが明かしていた“ショーケン”の由来と芸名秘話

公開日: 更新日:

 GIST(消化管間質腫瘍)のため26日に都内の病院で亡くなったショーケンこと俳優の萩原健一さん(68)。

 萩原健一なのになぜ愛称はショーケン? ネット上には諸説が流布されているが、日刊ゲンダイで2010年に芸能リポーターの梨元勝さん(故人)と対談を行った際、ショーケン自身がこんな由来を明かしていた。

 ◇  ◇  ◇

 東京・北区の不良少年だった萩原は私立聖橋中学時代から赤坂や六本木まで遊び歩いており、当時、不良のたまり場で「いい顔をしていた」安岡力也(故人)とも交流があったという。そんな萩原がある日、地元北区にある朝鮮高校の番長が仕切るパーティーで突然、ステージに上げられたことがショーケンを名乗るきっかけになったという。

萩原 番長が会場でクローク係をやっていたボクに「ショーケン、おまえが歌え!」と、突然、指名されたわけ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る