日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

公開日: 更新日:

 2年前にチャリティーランナーを務めたブルゾンちえみは、学生時代は陸上部の長距離選手だった。昨年のみやぞんは、元高校球児で趣味は格闘技。今年のメンバーの人選について、日本テレビ関係者も首をかしげる。

「昨年のみやぞんさんは基礎体力もポテンシャルも高いうえに、完璧にコンディションを整えて本番に臨みました。それに比べて、今年の3人はアスリート体形とはかけ離れたポッチャリ体形。本当に完走できるのか疑問です。いくら番組やチャリティーのためとはいえ、立場上オファーを断りにくい彼女たちを走らせることに、正直、『企画として際どい』という感想を抱く局員も少なくありません」

 言うまでもなく、3人は日テレの高視聴率番組を牽引するドル箱タレントだ。しかし、いとうとよしこが出演する「世界の果てまでイッテQ!」は、昨年の週刊文春が報じた“ヤラセ疑惑”に始まり、独走していた視聴率も他局に抜かれてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る