みやぞん「イッテQ!」で骨折 芸人の事故が絶えない理由

公開日: 更新日:

「世界の果てまでイッテQ!」のインドロケ中に、「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が左足首を骨折。日本テレビが28日、お詫びコメントを発表した。

 視聴率のかげりやマンネリ化が指摘されている「イッテQ!」にとっては、まさに泣きっ面に蜂だろう。撮影中の事故がキッカケで打ち切りになった番組も過去にある。

「1995~2002年まで放送された『筋肉番付』(TBS系)は、視聴率が20%を超えもあった人気番組でしたが、02年に出演者の大学生が大きなボールの上でバランスを崩し、水路に転落して頚椎を損傷。別の大学生はボールの下敷きになって両足麻痺の大ケガを負った。立て続けに事故が起き、その年に放送休止が決まりました」(テレビ誌ライター)

 これがバラエティー番組でのお笑い芸人の事故となると、数え上げればキリがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る