小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

共演者同士は対等だから…俳優業界は“割り勘ルール”が普通

公開日: 更新日:

 先週放送されました「人生イロイロ超会議SP」(TBS系)内で、中島裕翔くんと食事に行って割り勘したエピソードをまたもや披露し、いよいよ中島くん頼りな“エピソード枯渇”オジサン、小手伸也です(私をゴハンに連れてって)。

 で、その中島くんと割り勘部分が早速ネットニュースになったりして話題になったようですが、実は割り勘ルールは俳優業界においては割と普通のことだったりします(芸人さんは必ず先輩がおごるみたいですが)。酒席の中で誰が見ても最年長であるとか、主演(座長)であるとかの明確な判断基準があり、かつ「ここは自分が」という当人の宣言がない限り、僕らはまず割り勘をしようと財布を出すものなんです。

 当然、僕らの世界にも年功序列はありますし、先輩後輩の常識はあります。しかし、その上で食事に行くような関係性においては、ことさら上下を意識しないといいますか、基本的に「共演者同士」という表現を共にする「仲間」であり、キャリアや年齢によって芝居に遠慮や忖度などできない(してはいけない)意味で「対等」なんですね。なので、おごるおごられるで上下が分かれるよりは割り勘にした方がお互いにとって健全なわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る