俳優・仲代達矢「90歳で舞台に」貫く気骨と反権力の精神

公開日: 更新日:

 反骨、反権力の気概も衰え知らずだ。

「タルチュフ」はペテン師で、信心深い男を装って金持ち一家に取り入り、財産だけでなく、若い娘も手に入れようとする。今は亡き師匠千田是也氏が演じる姿を25歳で見て「いつか自分も」と志したというが、パンフレットなどにはこんな思いを寄せている。

「権力を笠に着た人間を徹底的に皮肉った…モリエールの傑作喜劇です。おそらく現代の日本でもあちこちで見られる風景かと思います。大いに笑って下さい」

 戦中派として、右傾化する日本の現政権、権力者に対し、物申すところが多分にあるのだ。

 来年11月からは太宰治原作の朗読劇「人間失格」の上演が決定、さらにその翌年も山本周五郎原作にして、亡き妻・宮崎恭子さんが脚本家・隆巴として最後に手がけた作品「いのちぼうにふろう物語」の再演話が進んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

もっと見る