益岡徹デビュー秘話 仲代達矢が開演30分前に“代役”指名

公開日: 更新日:

「やあ、あの時は大変だったな」と仲代達矢(82)は声をかけた。「まさか鮮明に覚えていてくださるとは」と益岡徹(58)は目を潤ませた。仲代が東京・世田谷の自宅庭で「無名塾」を始めて40周年を迎えた今春、朗読劇「死の舞踏」で28年ぶりに師弟共演することになり、仲代劇堂で再会した時の第一声である。

 時は1980年にさかのぼる。47歳の仲代はPARCO西武劇場で、俳優座を退団して初の芝居「ソルネス」に臨んでいた。

 この年、仲代の主演映画「影武者」(黒沢明監督)がカンヌ国際映画祭でパルムドール(グランプリ)を受賞したとあって、映画、演劇ファンが客席に詰めかけていた。

 そして、「さあ今日も幕が上がる」と緊張感が高まる中、舞台裏でアクシデントが起きた。主要キャストのひとりが衣装とメークを済ませ待機中に、体調を崩してしまったのだ。開幕30分前。仲代は若い弟子たちを見回して、「おまえがやれ」と、ひとりを代役に指名した。4期生の益岡である。早大でアングラ演劇をやっていたとはいえ、まだ入塾1年目。プロの舞台に立った経験もなく、大道具係のひとりだったため、準備も心構えもしていなかった。益岡は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る