大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

八千草薫さん「美しさと哀しみと」で見せた底知れない怖さ

公開日: 更新日:

 八千草薫さんが逝った。享年88。八千草さんほどの大女優になると、「昭和を代表する女優が亡くなった」と毎回のように報じられるが、彼女は平成の活躍も見事なものだったと思う。昭和に限定して語ってほしくない。

 八千草さんといえば、最近では倉本聰脚本のテレビドラマ「やすらぎの郷」(2017年)での清楚な姿が頭に浮かぶ。少しのんびりした感もある戦前からの大女優の役柄がとても似合っていた。

 なかでも瞠目(どうもく)したのが、時折見せる心根の芯の強さだ。彼女の魅力として可憐さや美しさがよくいわれる。確かにそうだが、そこに強さが重なるととんでもない凄みを帯びる。強さで思い出すのが、川端康成原作、篠田正浩監督の傑作「美しさと哀しみと」(1965年)だ。

 八千草さんは京都に住む画家の役で、弟子役の加賀まりこと愛し合うのだが、あることで加賀が挑発した後に見せた八千草さんの行動が凄まじい。加賀の両頬を交互に叩いたのち、さらに怒りが爆発して縁側にあった鳥籠を蹴飛ばすのだ。映画史上、鳥籠を蹴飛ばした女優は彼女だけではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る