「グランメゾン東京」に新たな“アレルギー問題”が発生か

公開日: 更新日:

 そして江藤から飛び出したのが、「ウニ出とるやないかい!」という名セリフ。これまでの“エセ関西弁”批判を逆手に取ったと思えるほどのインパクトで、ネット上でも話題となった。

 にもかかわらず、である。第6話では、再び江藤の策略により、「グランメゾン東京」が考案した「サワラのロースト水晶文旦ソース」のレシピを盗用。「gaku」のメニューに取り入れるべく、試食する。しかし、その味は悲惨なものだった。

 レシピ通りに作れば、同じ味が簡単にマネできるほど、プロの料理人の仕事は甘いものではないことを示す、第6話の印象的なシーンである。そこで、江藤が発するセリフ――。

「火入れも中途半端、単なる焼き魚じゃないか!」

 思いっきり、標準語やないかい! なぜ、第4話で話題になった名セリフ「ウニ出とるやないかい!」に合わせ、「単なる焼き魚やないかい!」にしなかったのか……。

 このドラマでは、ナッツ・アレルギーによって、キムタク演じる尾花が仏料理界を追われるきっかけとなっただけに、視聴者の“エセ関西弁アレルギー”を気にしすぎたのかもしれない。いずれにせよ、ドラマ作りは、甘くない。

(ライター・田丸大志)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  8. 8

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

もっと見る