「グランメゾン東京」に新たな“アレルギー問題”が発生か

公開日: 更新日:

 木村拓哉(46)主演のTBS系ドラマ「グランメゾン東京」(日曜夜9時)の第6話が、11月24日に放送された。ライバル店「gaku」のオーナー・江藤を演じる手塚とおる(57)が話すエセ関西弁について、再びネットがざわついている。

 これまでも〈とても不自然〉〈関西人に見えない〉〈ドラマに集中できない〉〈ヒドイ〉〈関西人をバカにしている〉〈不愉快だ〉という声も上がっていたのだが……。

 第1話の初登場シーンでは、ほぼすべてのセリフの語尾が“エセ関西弁”仕様だった。

「もちろん、東京ナンバーワンになったあかつきには、特別ボーナスも考えまっせ」

「ただし! 星を取った店は2度と星を落とせんという宿命を背負うことも忘れんように」

「もしも星を落とすようなことがあったら、その店は確実に終わりまっせ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る