天海祐希ドラマで“ド直球路線”にシフトした日テレの勝算

公開日: 更新日:

 地上波GP(ゴールデン・プライム)帯の連ドラ“秋の陣”もクライマックス。視聴率レースでは、米倉涼子(44)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系木曜夜9時~)が平均18%台をキープし、独走している。

「視聴率だけを見れば、今期も“テレ朝が強い”傾向は変わりませんでしたが、各局のドラマへの姿勢が感じられて面白かった。中でも、日本テレビの“攻めの姿勢”が顕著でしたね」と語るのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

「ドクターX」のように定番化したシリーズものや、漫画や小説などの原作ものが多い中、日テレ系は水曜夜10時~の「同期のサクラ」、土曜夜10時~の「俺の話は長い」、日曜夜10時30分~の「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」と、3枠すべてオリジナル脚本。

「それだけでなく、それぞれ1話で1年経過、1枠に2話立て、過去の同枠での作品世界とリンクさせるなど、形式も多彩です。決して斬新というわけでもないのですが、明らかに昨今のドラマとは一線を画しています。視聴率と作品評価と営業成績が必ずしも一致しない今、視聴率やネットの評判に左右されずに連ドラ枠でできることを模索しているように感じます」(亀井徳明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る