天海祐希ドラマで“ド直球路線”にシフトした日テレの勝算

公開日: 更新日:

 地上波GP(ゴールデン・プライム)帯の連ドラ“秋の陣”もクライマックス。視聴率レースでは、米倉涼子(44)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系木曜夜9時~)が平均18%台をキープし、独走している。

「視聴率だけを見れば、今期も“テレ朝が強い”傾向は変わりませんでしたが、各局のドラマへの姿勢が感じられて面白かった。中でも、日本テレビの“攻めの姿勢”が顕著でしたね」と語るのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

「ドクターX」のように定番化したシリーズものや、漫画や小説などの原作ものが多い中、日テレ系は水曜夜10時~の「同期のサクラ」、土曜夜10時~の「俺の話は長い」、日曜夜10時30分~の「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」と、3枠すべてオリジナル脚本。

「それだけでなく、それぞれ1話で1年経過、1枠に2話立て、過去の同枠での作品世界とリンクさせるなど、形式も多彩です。決して斬新というわけでもないのですが、明らかに昨今のドラマとは一線を画しています。視聴率と作品評価と営業成績が必ずしも一致しない今、視聴率やネットの評判に左右されずに連ドラ枠でできることを模索しているように感じます」(亀井徳明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る