天海祐希ドラマで“ド直球路線”にシフトした日テレの勝算

公開日: 更新日:

 そんな“変化球勝負”ながら、「数字」も「評判」も確保しているのが「同期のサクラ」だ。

「回を追うごとに数字を伸ばし、平均10%台。『ドクターX』と、それに続くキムタク主演の『グランメゾン東京』(TBS系日曜夜9時~)を追っています。“変なキャラ”と“感動のツボ”に手だれた遊川和彦氏の脚本に、リアルタイム視聴者も気持ち良くハマれたということでしょうね」(テレビ誌ライター)

 3枠とも変化球で勝負し、1枠は視聴率でも成功した日テレ。このまま変化球で押し通すのかと思いきや、来期は土曜夜10時枠で数字を取りにいくつもりらしい。天海祐希(52)主演の医療ドラマ「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」がそれ。

「脚本はフジテレビ系の『コード・ブルー』など医療ドラマにたけた林宏司氏。しかも林氏はフジの刑事ドラマ『BOSS』でも天海とタッグを組んでいます」(前出のテレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  7. 7

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  8. 8

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  9. 9

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  10. 10

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

もっと見る