天海祐希ドラマで“ド直球路線”にシフトした日テレの勝算

公開日: 更新日:

 そんな“変化球勝負”ながら、「数字」も「評判」も確保しているのが「同期のサクラ」だ。

「回を追うごとに数字を伸ばし、平均10%台。『ドクターX』と、それに続くキムタク主演の『グランメゾン東京』(TBS系日曜夜9時~)を追っています。“変なキャラ”と“感動のツボ”に手だれた遊川和彦氏の脚本に、リアルタイム視聴者も気持ち良くハマれたということでしょうね」(テレビ誌ライター)

 3枠とも変化球で勝負し、1枠は視聴率でも成功した日テレ。このまま変化球で押し通すのかと思いきや、来期は土曜夜10時枠で数字を取りにいくつもりらしい。天海祐希(52)主演の医療ドラマ「トップナイフ―天才脳外科医の条件―」がそれ。

「脚本はフジテレビ系の『コード・ブルー』など医療ドラマにたけた林宏司氏。しかも林氏はフジの刑事ドラマ『BOSS』でも天海とタッグを組んでいます」(前出のテレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る