NHKは沢尻エリカ容疑者から本当に賠償や違約金を取れるの

公開日: 更新日:

 合成麻薬MDMAの所持で逮捕された沢尻エリカ容疑者は、テレビ番組の放送中止やCMの打ち切り、DVD販売停止などで、数億円の賠償を請求されそうだと、ワイドショーやネットは大騒ぎだ。とりわけ、NHKは来年の大河ドラマ「麒麟がくる」(総合日曜午後8時)で織田信長の妻という重要な役に沢尻容疑者を起用し、すでに10話を収録済みで、撮り直しや宣伝費などで相当の損失を被るという。

 これまでも、芸能人に不祥事や不倫騒ぎがあると、巨額の賠償や違約金が話題になってきたが、では実際に支払われているのだろうか。実は、放送中止などが損失にあたるかどうかの判断は、難しいらしい。民事訴訟が専門の大学法学部教授はこう解説する。

「弁護士さんたちは賠償を請求する側なので、お金は取れますと言うでしょうが、物理的に放送できなくなったのならともかく、放送するかしないかの判断は、テレビ局側がしているわけです。沢尻エリカ容疑者の出演シーンをそのまま放送したっていいわけで、それによって番組イメージが損なわれるとか、視聴率が下がって損害が出るというのならば、それを立証し、具体的な損害額を確定しなければなりません。放送していないのに、そんなことは無理です。たとえ、契約に不祥事や賠償に関する条項が盛り込まれていたとしても、はたして法律的に適正かということは別なんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る