高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

公開日: 更新日:

 回を重ねるごとに視聴率が上昇し、11月20日の放送でついに12%を突破した連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)。そんな人気ドラマが“ヒジョーにまずい”状態に陥っているという。「週刊文春」(11月28日号)が「高畑充希がイラつく『同期のサクラ』共演女優って誰だ?」という見出しで報じた。

 同誌によれば、主演・高畑充希(27)の先輩役で出演する相武紗季(34)が現場に差し入れたコスメが原因らしい。高畑が「自分が使っているものと違うから」と受け取らなかったことから、どんよりとした重い空気が漂い始めたという。また、相武は「子供はほんとに可愛いよ。産んだほうがいい」とさりげなく“子供自慢”をするそうだ。高畑は来年もテレビ、映画、舞台でスケジュールがビッシリ。オフ日は数えるほどしかないともいわれており、相武の悪気のない発言が高畑の神経を逆なでしているのではないか、というのが同誌の見立てだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る