日テレ若手流出のピンチ ボーナス減に社員は大ブーイング

公開日: 更新日:

 日本テレビの若手クリエーターらが真剣に同業他社への転職を模索している。視聴率3冠王を長年にわたり維持してきた王者・日テレに何が起きているのか。

「来年6月以降のボーナスが激減するんです。最低でも3割、最大で4割のカットになることが確実視されているんです。それでなくても日テレの年収は民放キー局のなかで最下位クラス。以前は『振り向けばテレ東』などと冗談を言っていたこともあったが、ここだけの話、テレ東にも負けているようです」(30代中堅社員)

 一時金がここまで大幅にカットされる理由は、2008年から採用された局員の賃金改定だ。

「ボーナスを業績連動性にしたんです。これまで皆が死に物狂いで頑張ってきたためになんとか広告収入を維持し、毎年、ボーナスも例年通りに維持してきたんですが、業界自体がしぼみだし、テレビ界はこれまでの商売が成り立たなくなってきた。しかも、2020年にはテレビの広告収入はネットにも抜かれる見通しです。とはいえ、いきなりボーナスが3分の1以上も減るとなるときついですよ」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る