明石家さんま 日テレ五輪キャスター内定の気になる舞台裏

公開日: 更新日:

 明石家さんま(64)が日本テレビの東京オリンピック・パラリンピック関連番組のメインキャスターに内定した。

 サイドを有働由美子(50)とくりぃむしちゅーの上田晋也(49)がサポートする布陣。さんまは2000年のシドニーから6大会連続での夏季五輪中継に出演するベテランである。

「さんまさんは信頼関係のある人からの仕事しか受けないので、日本テレビの小杉善信社長の直談判で、相当前からオファーしていたんでしょう。もともとメジャーリーグや欧州サッカーなど“世界”に目が向いているので視点も確か。スポーツ選手とも面識があるので邪魔をするようなお笑いコメントはしないはず。報道畑の有働と、ラグビーW杯でも活躍した上田コンビで、アイドルを加えないあたり、ある意味正統派な番組構成になるでしょう」(テレビ関係者)

 21日の宮迫復帰パーティーも企画。2020年もテレビ界はさんま中心に回りそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る