明石家さんま 日テレ五輪キャスター内定の気になる舞台裏

公開日: 更新日:

 明石家さんま(64)が日本テレビの東京オリンピック・パラリンピック関連番組のメインキャスターに内定した。

 サイドを有働由美子(50)とくりぃむしちゅーの上田晋也(49)がサポートする布陣。さんまは2000年のシドニーから6大会連続での夏季五輪中継に出演するベテランである。

「さんまさんは信頼関係のある人からの仕事しか受けないので、日本テレビの小杉善信社長の直談判で、相当前からオファーしていたんでしょう。もともとメジャーリーグや欧州サッカーなど“世界”に目が向いているので視点も確か。スポーツ選手とも面識があるので邪魔をするようなお笑いコメントはしないはず。報道畑の有働と、ラグビーW杯でも活躍した上田コンビで、アイドルを加えないあたり、ある意味正統派な番組構成になるでしょう」(テレビ関係者)

 21日の宮迫復帰パーティーも企画。2020年もテレビ界はさんま中心に回りそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  9. 9

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る