川口春奈出演でも大モメ「紅白歌合戦」が抱える3つの爆弾

公開日: 更新日:

 大みそかの本番まであとわずか。今年で70回目を数える「NHK紅白歌合戦」のスタッフらは眠れない日々を過ごしている。

 いまだに定まっていないのが紅白の恒例コンテンツとなっている大河ドラマのPR展開。平均視聴率歴代ワーストを記録した「いだてん」の悪影響は計り知れず、大河ドラマの存亡をかけて日本国民に来年の「麒麟がくる」の周知徹底を図らなければならないのだが、いまだにキャスティング調整を含め、モメている案件が川口春奈(24)の扱いだという。

沢尻エリカが大麻取締法違反容疑で起訴されて、代役を受けてくれた川口は全スケジュールを『麒麟――』のために空けている。当初は主演の長谷川博己と共に紅白の審査員として出演させる案が出ていた。もうひとつは紅組の特別応援団としての起用案だった。ところが、最近になって一部の局幹部から『川口の起用は沢尻スキャンダルを想起させてしまうので、安易なキャスティングは慎むべきだ』という意見が出てしまい、出演はいまだにペンディングになっているんです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る