先輩・桑子アナから紅白司会を奪った和久田アナの結婚力

公開日: 更新日:

 10月28日、NHKは令和初の紅白歌合戦の総合司会に「おはよう日本」でメーンキャスターを務める和久田麻由子アナウンサー(31)を抜擢することを明らかにした。

 和久田アナは一部女子アナファンの間で「わくまゆ」の愛称で呼ばれ、世のオジサマたちのアイドル的な存在だ。その美貌に加え、東大経済学部卒の才媛。幼少期は、父親の仕事の都合で米国テキサス州ヒューストンで過ごし、高校時代は英語劇にどっぷり漬かり、複数の大手芸能プロからスカウトも受けたともいわれている。

 2011年4月にNHKに入局すると、3年間の岡山放送局勤務を経て、東京アナウンス室に配属。通常、同局の新人アナは地方の放送局を2年単位で2回、早くても4年かけて東京に戻るといわれている。和久田アナの東京配属は異例といえるだろう。

 和久田アナは仕事ぶりも堅実で、原稿の読み間違えも少ないため、早くから局幹部の目をかけられてきたという。ただ、「いくら和久田アナが才色兼備とはいえ、令和初の紅白歌合戦の総合司会まで任せていいものか」という声も一部局員の間で上がったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る