先輩・桑子アナから紅白司会を奪った和久田アナの結婚力

公開日: 更新日:

 10月28日、NHK令和初の紅白歌合戦の総合司会に「おはよう日本」でメーンキャスターを務める和久田麻由子アナウンサー(31)を抜擢することを明らかにした。

 和久田アナは一部女子アナファンの間で「わくまゆ」の愛称で呼ばれ、世のオジサマたちのアイドル的な存在だ。その美貌に加え、東大経済学部卒の才媛。幼少期は、父親の仕事の都合で米国テキサス州ヒューストンで過ごし、高校時代は英語劇にどっぷり漬かり、複数の大手芸能プロからスカウトも受けたともいわれている。

 2011年4月にNHKに入局すると、3年間の岡山放送局勤務を経て、東京アナウンス室に配属。通常、同局の新人アナは地方の放送局を2年単位で2回、早くても4年かけて東京に戻るといわれている。和久田アナの東京配属は異例といえるだろう。

 和久田アナは仕事ぶりも堅実で、原稿の読み間違えも少ないため、早くから局幹部の目をかけられてきたという。ただ、「いくら和久田アナが才色兼備とはいえ、令和初の紅白歌合戦の総合司会まで任せていいものか」という声も一部局員の間で上がったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

もっと見る