内村光良 難色示すも3年連続紅白司会を引き受けたウラ事情

公開日: 更新日:

「最初は、かなり渋っていたそうです。3年もやったらNHKの色がついてしまう。他局にも遠慮がある。さらにこの2年間、家族サービスが全くできていないことにも心を悩ませていたそうです」

 民放関係者がこう話すのは、当初、NHKのオファーをかたくななまでに固辞していたという内村光良(55)。それが一転、紅白歌合戦の総合司会を3年連続で受けることになった。その裏でNHKは、内村を釣り上げるための“ごほうび”を用意していたという。ひとつは内村がライフワークと公言しているコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の継続を約束したこと。

「コントバラエティー番組で1本当たり約6000万もの制作費を出すのはNHKだけです。同じく内村が出演する『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)は半分の3500万程度でしょう。潤沢な予算と納得できるメンバーでコントを制作できる環境にあるのはNHKだけなんです」(放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  6. 6

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  7. 7

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る