内村光良 難色示すも3年連続紅白司会を引き受けたウラ事情

公開日: 更新日:

「最初は、かなり渋っていたそうです。3年もやったらNHKの色がついてしまう。他局にも遠慮がある。さらにこの2年間、家族サービスが全くできていないことにも心を悩ませていたそうです」

 民放関係者がこう話すのは、当初、NHKのオファーをかたくななまでに固辞していたという内村光良(55)。それが一転、紅白歌合戦の総合司会を3年連続で受けることになった。その裏でNHKは、内村を釣り上げるための“ごほうび”を用意していたという。ひとつは内村がライフワークと公言しているコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の継続を約束したこと。

「コントバラエティー番組で1本当たり約6000万もの制作費を出すのはNHKだけです。同じく内村が出演する『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)は半分の3500万程度でしょう。潤沢な予算と納得できるメンバーでコントを制作できる環境にあるのはNHKだけなんです」(放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る