テレビ局が敬遠 芸能人の正月ハワイ取材は今年で見納めか

公開日: 更新日:

 お正月のワイドショーの恒例といえば、芸能人のハワイ取材だ。毎年多くの芸能人が一年の終わりにハワイを訪れバカンスを楽しむ。

 しかし、ここ数年の間にハワイ取材に出張する番組は激減している。一体何があったのか。

「まず経費が非常にかかる割に毎年ハワイに来るのが同じメンバーばかりで、マンネリ化が否めないことです。毎年クリスマスすぎから年始3日くらいまで空港に張り込んでいましたが、現地で雇ったカメラクルーやコーディネーター、番組スタッフの宿泊代などを合わせると200万円近くかかる。コスパが非常に悪く、高視聴率も望めません。他の要因としては芸能リポーターに対する嫌気ですね」(キー局プロデューサー)

 日本を代表する芸能リポーターといえば、井上公造氏あたりだろうか。テレビ局サイドはどんな不満を抱えているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る