PANTA特別インタビュー 自粛警察でなく頭脳警察呼んでくれ

公開日: 更新日:

 1969年にデビューし、挑発的な歌詞とパフォーマンスで若者の圧倒的な支持を集め、今も変わらぬ熱量で疾走し続けるロックバンド「頭脳警察」。PANTA(ギター&ボーカル)とTOSHI(ドラムス&パーカッション)の2人の50年の軌跡を追ったドキュメンタリー映画「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」(監督・末永賢)が完成。PANTAに映画への熱い思いを聞いた。

■ブルースを封印した理由

 ――頭脳警察といえば常に「過激」のイメージがつきまとうが。

「デビューする前の年、1968年が全世界で同時多発的に起きた学生運動や革命運動のピークで、実は69年以降は急速に終息に向かって運動が転落していく時代なんだ。72年のファーストアルバムには『世界革命戦争宣言』や『赤軍兵士の詩』というアジテーションの曲が入っていたけど、連合赤軍のあさま山荘事件が起きたこともあって即刻発売禁止。3カ月後のセカンドアルバムも回収。時代の変転と重なってしまったわけで、不幸な出発だったかもしれないね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る