神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

必需品の張り扇は手作り 大切に使っても2カ月でダメになる

公開日: 更新日:

 今回は目先を変えて、講談と落語の高座スタイルの素朴な違いを解説していただこう。落語で用意されるのは座布団一枚だが、講談では釈台と呼ばれる台と張り扇が必需品。講談の七五調の名調子はこの2つがなければ生まれないものだ。

「講談はもともと講釈師が物語を読んで聞いてもらいました。その時にリズムを取りながら話すために張り扇を使った。釈台と張り扇はその名残で、張り扇はリズムを取る、リズム楽器のようなものです。張り扇で釈台を調子よくポンポン打つ音を聞くと、お客さんはなんだ、どうなると次を聞きたくてつい身を乗り出すわけです」

 張り扇の打ち方にルールはあるのだろうか。

「ルールというか、どう打つかは決まっていません。その人その人で打ち方は異なります。ただバナナの叩き売りがやるみたいに、力任せにやるもんじゃない。昔の速記本を見るとパンパンではなく、ポンポンって書いています。私はポンポンという感じで打ちます。面白くみせようとして派手に打つ人もいますが、私は好きじゃないです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る