神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

立川談志は「講談の時代がくる」と予言した

公開日: 更新日:

 講談は落語のように一般に広まらない――。講談受難の時代、神田松鯉師匠は落語界、いや芸能界の寵児でもあった立川談志師匠に悩みを打ち明けたことがある。談志師匠は昭和11年生まれ、6歳上の大先輩でもある。

 どうしたら講談は人気が出るのか。

「談志師匠は、落語はもともと『アウトローだ』と言っていました。世間の常識から外れてアウトローなのが面白いんだと。くだらないことやってるのを、まともな人に『面白いことやってるじゃないか』『かわいがってやろうじゃないか』と思われるのが落語。ところが、いつの頃からか、時代が変わって世間一般の方が『アウトロー』になっちゃった。本来、正常だった人たちの方がアウトローになってしまい、落語の存在価値がなくなった。そして世の中が乱れちゃうとその反動で正しくありたい、きちんと生きたいっていうことになる。そうなると、間違いなく原点に戻りたいと人は思うもの。講談は人間のモラルというのが下敷きにある古典芸能です。だから最後に生き残るのは講談なんだよって、師匠はおっしゃった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る