草彅剛「ミッドナイトスワン」好調 “番宣”にSMAP曲の意味

公開日: 更新日:

 元SMAP草彅剛(46)がトランスジェンダー役を演じた映画「ミッドナイトスワン」が話題になっている。独立系配給作品で全国151スクリーンという中規模公開にもかかわらず、オープニング3日間で8万3519人を動員。興行収入1億2000万円超えを記録し、草彅の演技力が評価されているのだ。身体と心の葛藤を抱える草彅演じる凪沙が、母に捨てられた少女と出会い、母性に目覚めていく物語。9月25日の公開にさきがけ、公開日の語呂合わせである925秒(15分25秒)の世界最長予告編も話題になった。

 草彅といえば、16年末にSMAP解散、翌17年に稲垣吾郎(46)、香取慎吾(43)とジャニーズを退所し「新しい地図」として芸能活動を再開。ところが、ジャニーズ時代を振り返る話題になると、「SMAP」は禁句扱いで、「グループ時代」という表現を用いていた。元メンバーの中居正広(48)や木村拓哉(47)のテレビ出演時とは異なり、「新しい地図」の3人にはSMAPの楽曲がBGMで使用されることはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る