一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

彼は神が間違いを犯さないかぎり物書きにはなれないだろう

公開日: 更新日:

 作家になりたいという大学3年生の青年とメールでやりとりするようになり、改めてため息をついた。彼は小説を3本書きためているという。きけば十分に出版社の応募要項に足りる枚数の小説を書いている。つまりなんらかの賞を得られ、デビューできるチャンスはあるのだ。が、青年はどの出版社にも応募していないという。Y編集者に尋ねると「落選するのは嫌だし時間の無駄なので、その意味でもアドバイスが欲しい」と言っているという。

 またため息をつく。「いけ好かないガキゃぁ」なんて呟いてもみる。恐らく青年は九分九厘、神が間違いを犯さないかぎり物書きにはなれないだろう。なぜなら若くしてデビューする作家さんのほとんどが賞を受賞して世に出ているからだ。その多くの本は身震いするほど力強い。若さゆえの感受性というやつを、これでもかとばかりに叩きつけてくる。要は「書かずにはいられないなにか」を持ち、解き放ったから誰か一人の目に留まったのだ。でも青年は「落選するのはイヤン」「時間の無駄もイヤン」とイヤンイヤンばかりである。それでは悪魔は手を差し伸べてはくれない。かつてのわたしがそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る