一雫ライオン
著者のコラム一覧
一雫ライオン作家

1973年、東京都生まれ。明治大学政治経済学部2部中退。俳優活動を経て、35歳のときに演劇ユニット「東京深夜舞台」結成を機に脚本家に転身。主な脚本作品に、映画「TAP 完全なる飼育」「サブイボマスク」、東野圭吾原作「パラレルワールド・ラブストーリー」など。2017年に家族愛を描いた「ダー・天使」(集英社)で小説家デビューし、翌年「スノーマン」出版。最新作は幻冬舎から出版予定。

書きゃいいのだ。脚本家や作家になりたけりゃ書けばいい

公開日: 更新日:

「どうしたら脚本家や小説家になれますかね?」

 ふいにこの質問をとばしたのは夕刊紙日刊ゲンダイのY編集者である。そう、わたくしが今書いている紙面の担当者さんだ。「はて知りませぬ」と答えたのはなにやら面倒なにおいが漂ったからで、やはり正解、どうやらY氏がお世話になっている方の息子とやらが作家志望であるらしく、年は21歳、アドバイスを求めているという。

「面倒くさいですねえ」とアイスコーヒーをすすりながら言うとY氏も「そうなんですよ」とアイスティーを喉元に通し苦笑い。要は世話になっている方になんらかの答えを持ち帰らねばならぬわけだ。が、かといって一流作家の大先生にこんな愚問を投げるわけにはいかず、そこで新参者の物書きであるわたくしの出番となったようである。

 ただでは転びたくないずうずうしい性格のわたしは、近々出版される新作小説の宣伝をとY氏に頼み無事承諾、21歳の若者が欲しがっているアドバイスとやらを答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る