三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

噺家の私からアドバイスがあるとすれば「無理しなさんな」

公開日: 更新日:

 パンケーキ好きで可愛いだの叩き上げの苦労人だのと就任当初はマスコミのヨイショ報道のおかげで歓迎ムードだった菅首相も今や支持率はだだ下がり。賢明なゲンダイ読者であれば官房長官の頃の人を食ったような態度から今の悪評は想像できていたんでしょうが、なまじ期待していた世間はそうは見てくれないようです。

「ガースーです」とちゃめっ気アピールすればバカスベリし、頭の上がらない二階幹事長に呼び出されいやいや顔を出した会食は世間にバレてひんしゅくを買うなど、やることなすこと裏目に。原稿に目を落とし棒読みしてる姿が「自信がなさそう」「自分の言葉で国民にアピールを」なんていう外野の声が気になったのか、18日の施政方針演説ではできるだけ原稿を読まないように頑張ってみたものの空回り。

 噺家の私からアドバイスがあるとすれば「無理しなさんな」ってところですかね。もともと陰気な顔だちなんだから無理しないでそのキャラでいかないと。陰気な顔は決してマイナスではなく「真面目そう」というプラスな面もあるので誠心誠意、真心を込めて話せばいいと思うんですよね。そうすれば、むしろ息を吐くようにウソをつくいい加減な前任者とは違いが出るのに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る