三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

恥知らずなダブルスタンダードがまかり通る世の中では…

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言が出た途端に案の定キャンセルが続出した三遊亭鬼丸です。ただ今回は昨年4月の時よりキャンセルの数は少なかったですねぇ。なぜなら入ってた仕事が少なかったんでね。せっかく客席100%入れてもよくなってたのに、またまた50%に逆戻り。終了時間も20時までだって。そもそもお客が寄席やホールに集まるテンションになれないですよね。

 昨年春に昇進の新真打ちは披露目興行を途中で打ち切って夏に再開してましたが、今春も落語協会と落語芸術協会では新真打ちが昇進披露興行に向けてただいま準備中です。不安だろうなぁ。本当ならば面倒なことが多いながらもワクワクしてる楽しい時間のはずが、今はいつ波が襲ってくるかわからない海岸で砂の城を築いてるかのような気持ちなんでしょうね。

 まあ一生に一度の出来事がコロナ禍で狂ったといえば成人式もですよね。杉並区長は漢(おとこ)でしたね。23区では唯一の成人式を開催し大人が若者のために責任をかぶる覚悟でスジを通してみせたのはお見事でした。マヌケだったのは延期もしなければ写真撮るスペースも用意しないであげくの果てにリモートで成人式をやったところ。みんな晴れ着を着て顔を合わせるための成人式。お偉いさんの挨拶なんぞは会場にいたって聞くわけないのに何を考えてるんでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る