本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

プラス・マイナスは「劇場王」勝たずして名を知らしめた

公開日: 更新日:

 2018年、全国で500回以上の舞台に立ち、いつも全力で客席を爆笑の渦に巻き込んだ、平成から令和にかけての劇場王は「プラス・マイナス」ではないでしょうか。

 養成所時代は後にM―1グランプリで優勝する銀シャリ(当時は別コンビ)、キングオブコントで優勝するジャルジャルと同期でした。在学中、当初は漫才をやっていたジャルジャルがプラス・マイナスを見て「勝たれへんからコントに変えよう」と言わせたほど、抜きんでた存在でした。在学中に「M―1」3回戦突破という快挙で、本社からも注目を集めていました。

 粗削りではあるものの、迫力とネタの完成度は確か。彼らの持つ“昭和感”は玄人ウケで、「おもろいねんけどな」「うまいねんけどな」と言われつつ、爆発的な人気には結びつかないところがありましたが、着実に劇場出番を増やしていきました。迎えた18年、「M―1」敗者復活戦。勝ち上がった「ミキ」とは僅差の2位でラストイヤーを終え、決勝の舞台へは進めず。しかし、この舞台が評判になり、先輩たちのテレビやラジオ、SNSで拡散。「プラス・マイナス」の名を勝たずして知らしめることになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る