中堅はつらいよ…ザブングル解散の背後に第7世代とコロナ

公開日: 更新日:

 吉本芸人と一緒に「闇営業」で反社会勢力の会合に参加していた、ワタナベエンターテインメント所属の「ザブングル」(加藤歩・46、松尾陽介・44)がコンビを解散するという。

 フライデーのスクープにより「闇営業問題」が表沙汰となったのは2019年6月のこと。あれから2年近く経ち、仲介役だったカラテカ入江慎也(43)は表舞台を去り、吉本興業を契約解除となった雨上がりの宮迫博之(50)は今ではすっかりユーチューバーに。そしてロンブーの田村亮(49)を含む闇営業に参加した10組以上の芸人も謹慎を終え、すでに復帰している。ザブングルの2人も、同年9月には活動を再開させていた。

 謹慎処分中だった19年7月1日から1カ月、2人は熊本県内の介護施設でボランティア活動に従事していた。発売中の「週刊女性」で松尾はコンビ解散を切り出した理由についてこう語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る