ダウンタウンがTVを席巻!仲良しコンビ転向に時代がマッチ

公開日: 更新日:

 年末年始、ダウンタウンが再注目を浴びている。

 昨年31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大晦日スペシャル「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」(日本テレビ系)の視聴率は、第1部が前年より1.4ポイント上昇して17.6%、第2部が14.1%をマーク(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)し、「第71回NHK紅白歌合戦」の裏番組では民放トップ。11年連続首位記録を更新した。

 同番組は今や、“お騒がせタレント”の再生工場としても定着。17年と19年には「アパ不倫」の袴田吉彦(47)、19年には「4WD不倫」の原田龍二(50)が全裸で禊(みそぎ)をして、翌年仕事の幅を広げている。

 今年は元旦恒例の「芸能人格付けチェック! 2021お正月スペシャル」(テレビ朝日系)の第2部で番組歴代最高視聴率22.8%を記録。年末年始のバラエティー番組で大台20%超えは唯一の数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る