反トランプで中国と利害が一致「アクアマン」の仰天戦略

公開日: 更新日:

 一昔前まで中国とハリウッドの関係といえば、豊富な資金にモノを言わせる傲慢さが話題の中心だった。この連載でも書いたが米国の映画会社を中国企業が買収したとか、中国系キャストの活躍を無理やり追加した別バージョンを作らせる(「アイアンマン3」=2013年)など、やりたい放題な印象であった。

 だが21年現在、そんな話はついぞ聞かない。中国にこびる描写やキャラなんてのは過去の話。今やチャイナマネーは目立たぬ裏方に回り、間接的な影響力を駆使して巧妙にハリウッドの発信力を利用している。節目となったのはコロナ禍前の19年の大ヒット作「アクアマン」だ。

 本作は海を支配するヒーロー、アクアマンの活躍を描く海洋アクション。日本ではさほど知名度のないアメコミヒーローだが、これが全世界的に大ブレークした。世界興収は11億ドルを突破、これは世界歴代トップ20(最高位。現在は23位)の大記録だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る