「鬼滅の刃」興行収入歴代1位は決して想定外ではなかった

公開日: 更新日:

 宮崎駿監督によるジブリアニメ「千と千尋の神隠し」(01年)は、この20年間日本の映画史上、不動の興収ナンバーワンとして君臨してきた。

 この映画が売れたのは作品単独の力というより「風の谷のナウシカ」(84年)のヒット以来、「となりのトトロ」(88年)、「もののけ姫」(97年)など名だたる作品で積み上げてきた“スタジオジブリ&宮崎駿”の圧倒的なブランド力の集大成というべきものだ。だからその数字(約316億8000万円)は、二度と破られることはないと思われてきた。

 ところが「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(20年)が、2カ月少々であっさり抜いてしまった。すでに371億円を突破し、今もランキングトップを争う余力を残している。とんでもないことだ。

 だが、日本中が驚いたこの「鬼滅の刃」ムーブメントを、映画・アニメ業界はある程度予測していたと言ったら驚くだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る