韓流Web漫画文化が「梨泰院クラス」「神と共に」を生んだ

公開日: 更新日:

「パラサイト 半地下の家族」(19年)がカンヌ映画祭の最高賞パルムドール、そして米アカデミー作品賞を取ったことで、韓国は一躍アジア映画界の盟主に躍り出た。

 だが日本では、韓国映画の存在感は薄かった。日本での興収ランキングは05年の「私の頭の中の消しゴム」が長らく歴代1位(30億円)で、今回「パラサイト」(47.4億円)がトップを奪うまでなんと15年間、ベストテンの変動すらなかった。

 日本で一般に韓国映画が認知されたのは「シュリ」(99年)からで、「JSA」(00年 当時歴代2位)を経て「冬のソナタ」が社会現象的人気となったのが03~04年。いわゆる「韓流」ブームで、新1位の「パラサイト」以外はすべてこの時期までの作品で占められている。逆に言えば、この時期以外の韓国映画は鳴かず飛ばず。女性には一定の支持層を築いたものの、それ以上の広がりはなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る