ウォルトディズニーになろうとしたワンダ会長王健林の野望

公開日: 更新日:

 いわゆるチャイナマネーがやらかしたアメリカ映画に「レッド・ドーン」(2012年)がある。作り手が忖度して敵を中国軍から北朝鮮軍へ変更した結果、全体が矛盾だらけになってしまった悲運の作品だ。

 その逆に、大資本の力業で面白くなった映画もある。「グレートウォール」(16年=中・米)がそれだ。中国ワンダ・グループ(大連万達集団)が買収した米映画会社レジェンダリー・ピクチャーズによる超大作で、小品「レッド・ドーン」と違い、最初から全世界公開を前提に作られた。もっとも興行的には大コケの部類に入るのだが、中身はイケてるし、何よりそのくらい過剰にカネをかけたバブル作品ということだ。

 このころの大連万達は、個人総資産300億ドルを誇るカリスマ=王健林会長の指揮下で、米国の映画会社やテレビ番組制作会社、シネコンチェーンなどを次々と買収していた。彼はエンタメの覇者、いわば本気でウォルト・ディズニーになろうとしていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る