かつての海賊版天国は爆買い天国となり、今や「作る国」に

公開日: 更新日:

 春節真っただ中の中国映画市場は、コロナ禍で壊滅状態の世界各国を尻目に、すでに累積興収30億元(約500億円)にも達し、記録更新が予測されているという。春節(旧正月)では、その年最大の話題作や大作が公開されるが、ここ数年の流れを一言でいうなら「圧倒的国産映画優位」がキーワードだ。

 そもそも中国市場ではハリウッド映画でさえ、もはや見る影もない。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)の興収が約4億9500万元と振るわなかったのが象徴的で、転機となったコロナ前の2019年は、年間たった3本しか興収トップ10にランクインできなかった。現在では最重要な春節シーズンの公開作品は、ほぼ国産映画が占めている。

 だが政策的に外国映画の参入を抑えているかの国では、シェア率だけ見ても公平な分析はできない。むしろ、それ以上にこの年の春節映画で重要だったのは、「国産SF元年」と報じられるほど、上位作品に派手なエンタメ作品が並んだ点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る