KEIKO離婚成立「達筆メッセ」が示した小室哲哉“本当の罪”

公開日: 更新日:

 音楽プロデューサーの小室哲哉(62)とglobeのKEIKO(48)の離婚が先月26日成立したことを、KEIKOの所属事務所であるエイベックス・マネジメントが公式サイトで発表した。会社側のコメントのほか、KEIKOの達筆な手書きメッセージも掲載されている。

 2人は02年に結婚したが、11年にKEIKOがくも膜下出血で入院。その後、KEIKOは要介護状態となった。そんな中、18年1月に小室が看護師女性との不倫疑惑を報じられ、KEIKOの“介護疲れ”を理由に相手女性が精神的な支えになっていたと弁解。交際は否定しつつも、小室自身は音楽活動引退を表明。KEIKOの様子について「女性というより女の子になってしまった」「今は小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しみ」「コミュニケーションが日に日にできなくなっている」と妻が別人になったかのように語っていた。医学博士の米山公啓氏がこう言う。

「くも膜下出血や高次脳機能障害は10年かけてじわじわと良くなるということはなく、メッセージが本人の直筆だとするならば、3年前に会見で明かした状況からあの文章レベルまで回復することはないに等しい。今は早期治療と薬の投与でかなり回復するので、急性期(初期段階)にかなりの回復が見られていたと考えるのが一般的です」

非常に幼い考え方

 KEIKOが要介護状態で“女の子”に戻ってしまったという説明は、小室の浮気の“方便”だった可能性が高いのだ。家族問題評論家の池内ひろ美氏は「妻の恥部を公にさらすことは最大の罪」としてこう続ける。

「過去の恋愛遍歴からすると、小室さんは新たな恋に気持ちが傾くと前の女性は視界に入らなくなるタイプなのでしょう。KEIKOさんへの“暴言”にもご自身では気づいておらず、アーティストでもある妻の恥部を公にさらし、世間を同情させて正当化しようとすること自体、非常に幼い考え方といえます」

 作品と人間性は別ということがよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る