KEIKO側が反撃 “涙の会見”小室哲哉に「役者」転向のススメ

公開日:  更新日:

「これが本当なら相当な役者だと思う」。こんな声が相次いでいる。音楽プロデューサー小室哲哉(59)の、妻KEIKO(45)への献身愛が嘘っぱちとの報道への反響だ。

 小室は看護師A子さんとの不倫疑惑を「週刊文春」に報じられ、ことし1月に会見を開いた。「普通の男性としての能力というものがなく」と疑惑を否定し、同時に「自発的な音楽活動はこの日が最後」と引退を表明した。

 2011年にくも膜下出血で倒れて以降、介護のなかリハビリを続けるKEIKOに対しては、普通の夫婦の会話がほぼできなくなっているが「目を見て、しっかり話をしていきたい」とも語り、世間の同情を誘ったものだ。

 しかしながら、週刊文春の最新号によると、小室はKEIKOと事実上別居状態。故郷の大分に戻ったKEIKOと暮らす親族は同誌に「会見には唖然としました」とし、こう明かしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る